ファザーリング・スクール

インタビュー 特集

父親は学ぶ時代!? ファザーリング・スクールで得られるもの

父親支援のトップランナーとして15年以上活動してきたNPO法人ファザーリング・ジャパン。

環境の変化が多く、また学ぶ機会がほとんどない父親に向けて昨年から12年ぶりに再開した父親向けの学びの場「ファザーリング・スクール」とはどんなものなのでしょうか?

今回はこのプロジェクトのリーダーで校長を務める池田浩久さんにお話を伺いました。

コロナで深刻化する父親たちの孤立

コロナで深刻化する父親たちの孤立

2006年から活動をスタートしているNPO法人ファザーリング・ジャパンでは、以前もスクール事業を展開し、多くのパパが参加してきました。

その後、一時休止していましたが、昨年2021年12年ぶりに復活。

全てオンラインで実施され、約50名が参加した第1期がすでに修了しました。

なぜ今、復活したのでしょうか?

【ファザーリング・スクール校長 池田】

改正育児・介護休業法が可決され、男性が子育てにかかわる為の制度が増えてきています。

それだけでなく世の中の雰囲気もまた、男性も子育てをした方がいいという風潮は強くなってきています。

その一方で、以前から課題とされてきたことですが、父親を支援する方法はとても少ない現状があります。

例えば、自治体などの相談窓口は母親向けのものがほとんど。

最近では少しずつ父親向けも増えてきていますが、相談を担当する人たちもこれまで父親の相談を受けたことがなく戸惑っている様子。

さらに新型コロナの影響で父親同士が繋がりにくい環境もあいまって、より父親の孤立が深刻になっているように感じます。

実際に各所からは、産後うつになる父親や、助産師さんなどへの父親からの相談件数も増えていると聞いているので、ここがタイミングだと動き出しました

かねてから「弱音を吐くな」「男らしく」と教えられてきた現役子育て世代の男性は、悩み事を相談できないと言われてきましたが、まさにそれが顕著になっている状況ということです。

学ぶと繋がる コンセプトは「ピアサポート」

学ぶと繋がる コンセプトは「ピアサポート」

スクールでは、学校をはじめ、子育てはもちろん出産前後の女性のカラダの変化についてなど、教育機関などでは学ぶことができない知識を伝えているといいます。

ただ得られるのは知識だけではないようです。

昨年(2021年度)に参加してくれた人からは、参加して良かったという声がたくさん届きました。

その中で『子育ての経験を知ることができた』という声も多かったです。

スクールの講師は、ファザーリング・ジャパンの会員を中心に先輩パパとしての経験を多く共有してくれたので、知識だけではないリアルなものが届いたのだと思います。

世の中の流れを受けて、やろうとはするけどなかなかうまくいかないという人には、そういうスキルが役に立つかもしれません。

また、スクールももう一つのコンセプトは“ピアサポート”です。

専門家がサポートをするのではなく、同じ立場からのサポートのことを言いますが、成育医療基本方針にも明記されるなど、近年いろいろな分野でピアサポートの重要性が注目されています。

父親が子育てする事への不安も聞こえる中で、父親も子育ての主役として歩み続けるためにも、 “互いに学び合い、支え合い、共感し合い、笑い合える” そんな父親同士のつながりがとても大切です。

昨年のスクールでは、オンライン開催で住んでいるところも様々だったので実際に会うことは難しかったのですが、参加した人たちのLINEグループでも活発に意見や情報が交換されていましたし、みんなつながりたかったんだということを実感しました。

実際にスクールが終了したあと、スクールメンバーでイベントのブースでワークショップを行ったのですが、リアルで会えたときの盛り上がりはすごかったですね。

コースは4つ!人気なのは・・・

コースは4つ!人気なのは・・・

ファザーリング・スクールは現在2022年度の受講生を募集しています。

どんなコースがあるのでしょうか?

自治体などでもパパ講座を開いているのを時折見かけますが、参加する人たちは子どもの年齢が様々であることが多く感じます。

経験した人はわかると思いますが、実際には子どものフェーズごとに知りたいことも違いますし、ターゲットを細分化する必要があります。

そこでファザーリング・スクールでは『産前産後期クラス』『乳幼児期クラス』『イヤイヤ期クラス』『思春期クラス』と4つのコースを用意しています。

昨年の第1期で一番人気だったのは『思春期クラス』だったのは、ちょっと意外でしたね。

イクメンブーム前後に子育てに関わり始めた人たちの子どもが、ちょうど今思春期を迎えているタイミングだったからかもしれません。

また、みんながつながるきっかけを増やすために『クラブ活動』も行っています。

『段ボールクラブ』『絵本あそびクラブ』『マジッククラブ』『料理クラブ』『バルーンアートクラブ(風船部)』の中から選んでもらいますが、これもまた盛り上がったので、ぜひ参加してほしいですね。

池田さんが校長を務める「ファザーリング・スクール第2期」は5月14日(土)10:00からZoomでオンライン開催される入学式を皮切りにスタート。

ファザーリング・スクール第2期

現在、受講生を募集していますので、詳細や申込みはファザーリング・スクール2022のサイトからどうぞ。

詳細や申込みはこちら

最後に、池田さんから受講を考えている人にメッセージをいただきました。

子育ては当たり前になってきていますが、どうしていいかわからないことが多いと思います。

少しでも不安を感じている人にはぜひ気軽に参加してもらいたいです。

スクールにはいろいろなヒントがあると思います。

そしてきっと視野が広がるきっかけにもなると思うので、ぜひ参加を検討してみてください。

池田さん、ありがとうございました。

-インタビュー, 特集
-

© 2022 パパしるべ運営委員会