娘のポニーテールが結えないパパへ

コミュニケーション 暮らし

娘のポニーテールが結えないパパへ

娘を持ったパパたちがぶつかりがちの壁といえば、娘の髪を結うこと。

何せほとんどのパパはやったことがないですからね。

でも、これって日々必要になることですから、できれば習得しておきたいところ。

そこで、今回は東京都品川区のヘアサロン「GAIA」のスタイリストで3児のパパでもある宮崎久仁照さんに、髪を結ぶ基本となるポニーテールの結ぶコツを伺いました!

ポニーテールのゴールデンポイントとは?

ポニーテールのゴールデンポイントとは?

ポニーテールって本当に難しいですよね。

見よう見まねでやってみてもキレイにできない。

引っ張りすぎて痛いと言われることも。

でも、いくつかのコツを覚えるだけでキレイなポニーテールを結ぶことができるのでぜひ覚えてほしいと思います。

一番の基本は髪を結ぶ場所です。

せっかく結んだのになんか変・・・その原因がここにあることが多いのです。

この位置は適当に決めているわけではありません。

基本の場所は、顔を横から見たときにアゴの先から耳の中心を通ってたどり着く後頭部のところ。

ここをゴールデンポイントと呼び、一番収まりがいい場所です。

ゴールデンポイントよりも高い位置で結ぶと活発な印象になり、低い位置で結ぶと落ち着いた雰囲気になります。

高い位置でお団子にしたとき、活発に見えるのはそういう理由があるんです。

なので、まずは横から顔を見て結ぶ場所をイメージするところからはじめてください。

一気に全部まとめようとしない

一気に全部まとめようとしない

結ぶ場所が決まったら、髪を集めていきます。

もちろん、クシやブラシを使った方がキレイにできますが、外出先などで何も無い時を想定して手だけで結ぶ方法をお伝えします。

ポイントは全部を一気にやろうとしないこと。

髪の量が少ない方が手でまとめやすいです。

ママはゴム1本で一気に結ぶからといってその真似をするのではなく、プライドを捨ててゴム2本で勝負しましょう。


まず1本目のゴムは耳より上の部分の髪をまとめてゴールデンポイントで結びます。
そのあとで、残りの髪の毛をまとめて同じくゴールデンポイントへ持っていき、1本目でまとめた髪と一緒に結んでしまいます。

そうするととてもやりやすいです。

絞めて仕上げる!
ちなみに、手が大きいパパの方がたくさんの髪を掴むことができるので、髪をまとめやすいはずなのですが、慣れていないパパにとってはなかなか難しいところです。

しかも小さい子どもの髪は細くてツルツルしているので、大人の髪よりも難しいのです。

絞めて仕上げる!

絞めて仕上げる!

ポニーテールは結べたら完成ではありません!

まとまった髪を二つに分けて、裂いて広げるように引っ張ります。

こうすることで、ゴムのところがより強く絞まり、落ち着きます。ママがやっているところ、見たことありませんか?

また、結ぶときに緩んで全体的に少しふわっとしてしまうことがありますが、この引っ張ることでふわっとしていた部分がキュッとしまり、キレイに仕上がります。

このように多少の緩みは最後に取り返すことができるので、ゴムを結ぶ時点で完璧にしないでも大丈夫。

気楽にいきましょう。

何より、慣れていないからと言って、パパが緊張感バリバリでやってしまったり、ちょっと動いただけで「動かないで!」とイライラしてしまったりすると、子どもが違和感を覚えて嫌がってしまいます。

もうこうなってしまったら、なかなか結ばせてもらえなくなってしまうので、何よりも楽しそうに笑顔でやってあげてください。

「パパに結んでほしい!」と言われ日を目指して!

楽しんでいきましょう!

 

<取材協力>
「GAIA HAIR SALON」
http://www.gaiasalon.net/

-コミュニケーション, 暮らし
-,

© 2021 パパしるべ運営委員会